■トップページ > 定期預金関連ニュース > 定期預金関連ニュース

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金関連ニュース:
東京スター銀行スターワン1週間円預金 1週間0.05%

定期預金に関連する最新のニュースをコメント付きでご案内します。今週のニュースはこちら。
2016/7/4 <東京スター銀行

スターワン1週間円預金



編集部からのコメント

金利が低下し続けていますね。日銀が「異次元の金融緩和」と「追加金融緩和」を繰り返す中では金利が下がるのも当然かもしれませんが、1年もの市場金利はと言えばこのように推移しています。



マイナス金利政策が発表された1月末からガクンと下がり、足元では−0.08%台まで低下しているわけですね!つまり市場金利もまたマイナス水準に低下してしまった、ということです。

一般的に手間隙かかる定期預金金利はこの市場金利の水準より低く設定されるのが常ですが、今や合理的水準としての定期預金の「最高金利」は−0.08%前後という、何だかよく分からない金利環境になっているわけです。

預金金利がマイナスになることはないとは思いますが、だとすると銀行からすれば預金を集めれば集めるほど赤字になっていくわけで、これでは積極的に預金を集める理由が全くなくなります。

そうした極めて厳しい状況を踏まえ、相対的に少しでも有利な定期預金を選んでいただければと思います。

他方、そうは言いつつなかなかこうした金利水準では資金を固定したくないという方も少なくないと思います。そうした中で重要度が増していると思われるのが「預入期間が短いにも関わらず金利が高い定期預金」ということになります。そうした定期預金の1つが、今回取り上げる東京スター銀行の「スターワン1週間円預金」ですね。

この預金の特徴は何と言っても、その名前の通り1週間で満期を迎えるという高い利便性にあります。これなら普通預金代わりに使うことができますね。

あるいは「次の定期預金キャンペーンまで様子を見よう」という方や、「より有利な運用商品が出てくるまで待とう」という方にもピッタリの定期預金といえます。

加えて、普通預金に資金があるとついつい使ってしまったり、生活費として引き出されてしまうことがあるかもしれません。貯蓄や運用資金を「分別管理」しておくという意味でもこうした預金の意義はありますね。

しかしこの預金の魅力はその金利にあります。

東京スター銀行/スターワン1週間円預金

・1週間 : 0.05%

従来は0.02%だったものが、今月から0.05%にアップしたのですね!

今時、メガバンクの普通預金金利は0.01%前後ですから、その「50倍」ということになります。

「メガバンクの金利が低すぎる!」というのは確かにあるわけですが、それでも低いよりは高い方がよく、さらにこのタイミングで金利を引き上げてきたという点も評価して良いのではないかと思います。

「次の定期預金キャンペーンまで」などと言わず、「金利が本格的に上昇するまで」この預金に預け入れておいても、結果的に不利な運用となって後悔することはまずなさそうです。

>>>東京スター銀行「スターワン1週間円預金」について詳しくはこちら

ちなみに東京スター銀行では「スターワン円定期預金プラス」が人気ですが、こちらは6ヶ月0.1%とさらに好金利ですね。

ご興味がある方はチェックしてみてください。

>>>東京スター銀行「スターワン円定期預金プラス」について詳しくはこちら

ちなみに、期間1年以下で運用するなら新生銀行2週間満期預金もお勧めです。こちらも2週間で満期が来るという利便性もさることながら、0.05%という金利を維持していますね。

>>>新生銀行「2週間満期預金」の最新金利はこちら

こちらも参考になさってください。

>>>東京スター銀行「スターワン1週間円預金」について詳しくはこちら

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2017年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識




クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP