■トップページ > 定期預金の基礎知識「5年で普通預金が消失!?休眠預金とは」

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金の基礎知識

定期預金に関連する基礎知識をご案内します。

5年で普通預金が消失!?休眠預金とは


最近の成長戦略の中で議論になっているのが休眠預金の取り扱いです。

休眠預金とはその名の通り、忘れ去られ眠ってしまっている口座=休眠口座の中の預金ということになります。

忘れられていようがいまいが預金=銀行に預けたお金であり、銀行にあげてしまったお金ではありません。となると何年経とうが預金者が要請すれば満額返してもらえるというのが常識な気がしますが、ではなぜこの預金の取り扱いが一見無関係そうな成長戦略の中で議論されているかと言うと・・・実は普通預金というのは放置してしまうと最終的に銀行のものになってしまうからですね。

ある意味、預金者からすれば恐ろしい事態と言えますが、では一体どれくらい放置すれば銀行のものになってしまうかと言うと商法と民法とで以下のように規定されているようですね。

・商法 : 5年
・民法 : 10年

何と商法ではわずか5年放置しただけで銀行のものになってしまうということですから驚きです。「金利も低いししばらく普通預金で様子を見よう」という方は知らずに5年間放置しないように十分お気を付けいただければと思います。

ただしそのように預金者に預けている自覚がある場合はまだマシと言えます。より深刻なのは預金者自身が忘れてしまうケースですね。

あまりに長く放置したために忘れてしまうということもあるでしょうし、認知症などの病的な理由から忘れる可能性もあります。

そして何よりあり得そうなのが、へそくりのような形で家族に秘密にしておいたまま、預金者が亡くなってしまう場合です。これは正確には預金者が忘れたということではありませんが、家族が存在を知らないのであれば「忘れた」のと同じことですね。

やはり簡単なもので構わないので、遺言等の準備が重要と言えます。

さてそのようにずっと預けっぱなしで放置されていた預金は5年や10年といった節目を迎えるタイミングで銀行のものとなり、銀行の利益に参入されることになります。 具体的には毎年900億円近い預金がそのように処理されているようで、それではあまりにもったいないと成長戦略に関する議論の中でクローズアップされた、ということですね。

そうした取組が日本の経済成長に資するものなのであれば「有権者」としては特に異論はありませんが、ただ総論としては賛成でも、それが自分の預金ということであれば話は別ですね。何としてでも手元に保持しておかなければいけません。

では具体的にどうすればいいかと言うと、とにかく1回でもその普通預金で入出金があればそれまでの経過期間はリセットされるようですので、定期的に入出金する習慣が重要と言えます。

ただそのように心がけ次第というのは残念ながらやや不安ですね。そうした一抹の不安を感じる方におススメなのが定期預金を自動更新しておくことです。自動更新にしておけば満期の時点で一旦、普通預金に入ったあと、再度払い出されて定期預金が設定されるので、満期が来るたびにそうした時効へのカウントダウンがリセットされることになります。

参考になさってください。

なお、ここまで休眠口座や休眠預金について脅かすようなことばかり述べましたが、実際には5年や10年以上放置した場合でも、銀行に通帳などの証拠を持っていけばまず間違いなく預金を引き出せるものと思います。

つまりは行儀のいい日本の銀行のこと、預金者保護が徹底されているわけですが、そう考えると本当に休眠預金を成長戦略で使ってしまっていいのか疑問を感じないではありません。どうした使い道かはわかりませんが、仮に預金者が気づいて預金を返せと言われても、何らかの投資に使ってしまったら工面できなくなるからですね。

その点では現実的にはクリアしなければいけないハードルが結構ありそうです。

いずれにしても自分の預金がうっかりひと様のものとならないよう、最低限の口座の管理をお願いしたいと思います。

>>>最新の定期預金比較/金利ランキングはこちら

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2017年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識
クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP