■トップページ > 定期預金の基礎知識「高金利の定期預金の見分け方」

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

お役立ちコンテンツ

定期預金の基礎知識

定期預金に関連する基礎知識をご案内します。

高金利の定期預金の見分け方


金利がなかなか上昇しない中、多くの預金者の方々が少しでも金利の高い定期預金をお探しのことと思います。

どこも同じような金利かと思いきや、色々調べてみると、メガバンクや信託銀行、ゆうちょ銀行、新規参入銀行、ネット銀行などで金利が結構異なることが分かりますね。そういう意味では探してみる甲斐があると言えそうです。

しかしそうやって色々な金融機関の金利を調べていくうちにふと考え込んでしまうかもしれません。それは、その定期預金が高金利かどうかどうやって見分ければいいのか、ということですね。

もちろん少しでも高い金利が有利なのは当然ですが、全ての金融機関の金利をチェックできるわけではありません。

また、何か商品の値段であれば価格比較サイトをチェックすることで大体の「相場観」を知ることができますが、定期預金の金利は常に変動しますので、以前の相場観が今でも通じるのか、素人からすれば全く判断できません。

やはり分かりやすい「高金利の目安」みたいなものが欲しくなりますよね。

実は・・・そういった定期預金が高金利かどうかを見分ける方法は存在します。それは「市場金利」を調べることです。

「市場金利」と言われてもピンと来ない方の方が多いかもしれませんが、株価と同様に、金融市場でやり取りされている金利の相場のことです。例えばA銀行が3年ものの資金が必要となり、逆に3年ものの資金が余っているB銀行からその資金を借りる場合に決められる金利水準のことですね。

資金が必要な金融機関が多ければ多いほど金利が上昇し、逆に資金が余れば余るほど金利は低下することになります。日本の金利が低下しているのも基本的には銀行に資金が余っているからです。

ではなぜこの市場金利が定期預金の高金利の目安となるのでしょうか?

それは、通常の銀行であれば、この市場の金利水準を払えば、金融市場からいくらでも資金が調達できるので、わざわざ個人の定期預金を高金利で集める必要がないからですね。

逆に言えば、市場金利以上の金利を定期預金につけてしまうと、余計な金利を払うことになるので、「集めるだけ損」ということになってしまいます。今の日本では、手間隙かけて、余計な金利を払ってまで定期預金を集める必要はまずありません。

そんなわけで通常の定期預金は、いくら高くても市場金利を下回る水準の金利しかつかないので、市場金利を調べておけば、定期預金の金利の「上限」を把握することができる、というわけです。

仮に市場金利を上回る定期預金金利を見つけたら・・・それはかなりオトクと言えそうです。

ただし、金利があまり高いのも一抹の不安を感じないではありません。上記の通り、通常の銀行であれば金融市場から市場金利でいくらでも資金を調達できるわけですが、高金利の定期預金の銀行は、もしかすると信用力が低くて市場金利では資金調達できないのかもしれません。

あるいは定期預金をエサに客を集めておいて、その後で積極的なセールス活動を準備している金融機関もあるかもしれません。そうした金融機関では、満期後は低い金利に戻るケースが多いですね。

いずれにしても金利が高すぎる場合は、あくまでペイオフの範囲内=預金残高を1,000万円以下に抑えておく、という自衛の心がけが必要です。

さてその肝心の市場金利ですが、1年もの・5年ものの金利推移はこうなっています。

■1年もの市場金利



■5年もの市場金利



参考になさってください。

>>>最新の市場金利の動向と推移はこちら

>>>最新の定期預金比較/金利ランキングはこちら

今月、最も金利の高い定期預金は? 最新版!定期預金比較はこちら

コンテンツ・インデックス

最新版!定期預金 金利比較
預貯金の目安〜みんなはいくらくらい貯めているの?
ライフイベントから考えよう!人生のあのイベント、このイベント、一体いくら必要?
今さら聞けない、預金保険とペイオフのこと
今後の金利見通し/2017年1月更新
定期預金の基礎知識
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
各銀行の口コミ
定期預金関連ニュース
預金・貯金・資産運用の悩み相談室
定期預金の基礎知識
クチコミ募集中

定期預金に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気銀行を中心に順次掲載いたします。


メールの場合はこちらから mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP